エ軍“もう1人の二刀流”昇格は大谷リリーフ起用への布石か

公開日: 更新日:

■4戦連続安打も4度の好機で凡退

 エンゼルス・大谷翔平(24)は小休止といったところか。

 15日(日本時間16日)のツインズ戦は七回の第4打席で中前打を放ち6打数1安打。4試合連続安打としたが、好機では凡退を繰り返した。

 相手の先発右腕オドリッジに対し、五回まで2度の好機で打ち取られると、八回2死一、二塁で5番手右腕パーカーの低めの変化球にバットが空を切った。3点を返して7―8と1点差に詰め寄った九回2死満塁の逆転機では、外寄り高めの直球を捉えきれず遊ゴロに倒れて最後の打者に。連続打点も3試合でストップした。

■長打力を生かすために

 この日の試合前には、大谷に続く若手二刀流ジャレッド・ウォルシュ投手兼一塁手兼外野手(25)が昇格。「8番・一塁」でスタメン起用され、メジャー初安打を含む3安打と結果を残した。今季3Aでリリーフ投手として5試合(計5イニング)に登板し、1勝0敗、防御率3.60。打者として37試合で打率3割2厘、10本塁打、26打点。一塁(15試合)と右翼(3試合)の守備に就き、登板時も含めて計147.1回で無失策。ベテラン内野手のプホルス(39)と一塁で併用された打撃不振のボーア(打率1割6分3厘)に代わって初めてメジャーの舞台に立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

もっと見る