大谷229日ぶり一発放つも 雄星との直接対決はプホルス次第

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が13日(日本時間14日)のツインズ戦に「3番・DH」でスタメン復帰。相手の先発右腕ベリオスに対し、三回の第2打席、無死三塁の好機で甘く入った直球を逃さず、中堅左に復帰後初となる特大の一発を放った。この試合の大谷は3打数2安打1本塁打2打点で、打率も.250に上げた。試合はエンゼルスが5対4で勝利した。

 12日のオリオールズ戦で大谷は、復帰後初の休養を与えられて出番はなかった。オースマス監督によれば、これは大谷をリフレッシュさせるというより、日頃は一塁の守備に就く機会が多いベテランで元主砲のプホルス(39)を、DHで起用して負担を減らすための措置だという。

 プホルスは今季ここまでスタメン出場は33試合。そのうち、DHでの起用は18試合だから、ほぼ2試合に1回は守備の負担を免れていることになる。昨年、手術を受けた左膝に不安を抱えているため、今後も定期的にDHとして出場することになり、そのしわ寄せで大谷がベンチスタートを強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る