エ軍“もう1人の二刀流”昇格は大谷リリーフ起用への布石か

公開日: 更新日:

 今回は大谷やプホルスが休養する際のバックアップとみられるものの、リリーフ登板の機会もあるという。状況によっては一塁やDHで出場した試合終盤にマウンドに送られるケースも考えられ、初昇格ながら、1人3役をこなす可能性もある。

 ウォルシュの昇格は大谷の起用法にも影響しそうだ。昨季の大谷は投打の二刀流として結果を残したが、多くのメジャー関係者の間では、長打力を生かすためには先発投手よりもリリーフで起用すべきという声が根強い。

 大谷を先発で起用すれば、中6日となり、登板日と前後2日間は休養を与えなければならず、出場機会が限られる。リリーフなら、DHで出場しながら、登板も可能なだけに、大谷の投打の能力を最大限に生かす上で最適な起用法になるかもしれない。そうやって二刀流選手のリリーフ起用の適性を試す狙いも今回のウォルシュ昇格にはあるという。

 若手二刀流の成否次第では、大谷も将来的にクローザーとしてマウンドに上がる日が来そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る