大谷7戦ぶり無安打も…「打撃が後退しても2歩前進」の根拠

公開日: 更新日:

「彼は打撃の調子が後退することもあるが、2歩前進する」

 エンゼルスのオースマス監督は、2号本塁打を放った大谷翔平(24)の打撃をこう言って絶賛している。

 どんな打者にも好不調はあるし、もちろん大谷にだって下降線をたどることはある。しかし、1歩後退しても2歩前進できるところが非凡だというのだ。

 大谷はプラス思考が強い。結果が出なかったとしても、その中からプラス材料をピックアップして今後につなげようという考え方の持ち主ではあるが、それだけで2歩前進できるわけではない。

「大谷は基本的に投げることより、打つことの方に考える時間を多く割いています。日本ハム時代は周囲に独自の打撃理論を話し、『こんなことまで考えているのか』と驚かせたばかりか、首脳陣を『投げることについても、せめてその半分で構わないから考えてくれたら……』と嘆かせたという話もあります(苦笑い)」とは古巣の日本ハムOBだ。

 さて、その大谷は19日(日本時間20日)のロイヤルズ戦に「3番・DH」で出場。3打数無安打2三振1四球。7戦ぶりの無安打に終わった。

 マリナーズ・菊池雄星(27)はツインズ戦に登板し、6回を5安打3失点、6三振で3勝目(1敗)を挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る