大谷7戦ぶり無安打も…「打撃が後退しても2歩前進」の根拠

公開日: 更新日:

「彼は打撃の調子が後退することもあるが、2歩前進する」

 エンゼルスのオースマス監督は、2号本塁打を放った大谷翔平(24)の打撃をこう言って絶賛している。

 どんな打者にも好不調はあるし、もちろん大谷にだって下降線をたどることはある。しかし、1歩後退しても2歩前進できるところが非凡だというのだ。

 大谷はプラス思考が強い。結果が出なかったとしても、その中からプラス材料をピックアップして今後につなげようという考え方の持ち主ではあるが、それだけで2歩前進できるわけではない。

「大谷は基本的に投げることより、打つことの方に考える時間を多く割いています。日本ハム時代は周囲に独自の打撃理論を話し、『こんなことまで考えているのか』と驚かせたばかりか、首脳陣を『投げることについても、せめてその半分で構わないから考えてくれたら……』と嘆かせたという話もあります(苦笑い)」とは古巣の日本ハムOBだ。

 さて、その大谷は19日(日本時間20日)のロイヤルズ戦に「3番・DH」で出場。3打数無安打2三振1四球。7戦ぶりの無安打に終わった。

 マリナーズ・菊池雄星(27)はツインズ戦に登板し、6回を5安打3失点、6三振で3勝目(1敗)を挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る