連日ミスもどこ吹く風 エンゼルス大谷は究極のプラス思考

公開日: 更新日:

 エンゼルス2連敗の最大の戦犯とも言えるのではないか。

 前日はチャンスで2度の走塁死、16日は4度の得点機で凡退。4戦連続安打中とはいえ、連日1点差負けの原因となった大谷翔平(24)のことだ。

 それでも本人は悪びれるふうもない。前日の2度の憤死について「(打撃は悪くないし)あとはリードだったり、第2リードだったりかなと思います」と、サラッと振り返った。

 大谷は究極のプラス思考の持ち主だ。球速にこだわるあまり、制球が乱れるのではないかという指摘に対しては「(球速と制球は)表裏一体。正しいフィジカルで、正しい投げ方をすれば、球速は上がるし、コントロールも良くなる」とコメントした。

 プロ野球では評論家諸氏の猛反対もどこ吹く風で、「誰もやったことがないから挑戦したい」と二刀流を貫き、ルーキーとして挑戦したメジャーでも臆することなくチャレンジ、投打で結果を残した。そこに、もしダメだったら、失敗したら……といった後ろ向きの思考はない。日本ハムのOBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る