サニブラウンに強力ライバル 全米大学選手権Vに0.05秒の壁

公開日: 更新日:

 さらなる記録更新を目指す和製スプリンターの強力なライバルとなりそうだ。

 NCAA(全米大学体育協会)は20日(日本時間21日)、今季8週目までのランキングを発表。11日に100メートルで日本人2人目の9秒台(9秒99)をマークしたサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)は4位にランクされた。

 桐生祥秀(23)の持つ日本記録(9秒98)更新を目指すサニブラウンにとって、大学の大会では同じ留学生が壁になりそうだ。

 今季、同種目での最高タイムは9秒94でナイジェリア出身のディヴァイン・オデュデュル(22=テキサス工科大)、9秒95でバルバドス出身のマリオ・バーク(22=ヒューストン大)、米国出身のクラボン・ギレスピー(20=オレゴン大)と続く。

 上位の2人はサニブラウン同様、母国の高校時代に頭角を現し、米国の大学にスカウトされた。それぞれ、母国代表として20年東京、24年パリ五輪出場が有力視されている。サニブラウンの今季自己ベストは、現時点でトップのナイジェリア人スプリンターと0・05秒差だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

もっと見る