アジア無敵の400mリレー サニブラウンは東京で“落選”危機

公開日: 更新日:

 当然のことながらアジアでは敵なしだった。

 30日の男子4×100メートルリレー決勝で日本(山県、多田、桐生、ケンブリッジ)が38秒16で優勝。陸上では数少ないメダル有力種目でアジア大会20年ぶりの金メダルを獲得した。16年リオ五輪の同種目では史上最高位の銀メダル。日本陸連では東京五輪での金メダル取りを目指し、リレー合宿を実施するなど、本格的な強化に乗り出している。

 2年後に迫った地元開催の五輪では現代表メンバーに、世界レベルのスプリンターが加わるプランもささやかれている。昨年の日本選手権2冠(100メートル、200メートル)で、世界選手権(ロンドン)の200メートルで7位入賞を果たしたサニブラウン・ハキーム(19=フロリダ大)だ。東京五輪では日本短距離のエースとして個人種目での表彰台、リレーではアンカーとしても期待されるが、先行きは不透明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  4. 4

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る