照準はドーハの世界陸上…川内はなぜ東京五輪で勝負しない

公開日: 更新日:

 名古屋ウィメンズとびわ湖毎日で、東京五輪代表につながる男女のマラソンMGC(代表選考会)シリーズは終了。女子は福士加代子ら5人がMGC出場権を獲得し、14人に増えた。男子は2人増で30人となった。

 すでにMGC切符を手にしている川内優輝(32)は今大会8位(2時間9分21秒)で日本人2番手。暑さに弱いため東京五輪ではなく、9月開幕の世界陸上(カタール・ドーハ)の代表入りを希望している。こちらは厳しい暑さを避けるため午前0時のスタートが決まっている。

 しかし、日本陸連の中には瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーのように、川内にはMGCに出て欲しいと願っている者もいる。MGCの盛り上げ役というだけではなく、本番の活躍を期待してのことだ。

 男子のMGCシリーズは、昨年の福岡で服部勇馬が日本勢では14年ぶりに勝ったものの、アフリカ勢との差は歴然。五輪の舞台で日本人選手が蚊帳の外ではおもしろくない。川内が東京を走れば、得意の粘りで先頭集団から落ちてくる選手を1人ずつ拾って順位を上げていくことができるかもしれない。条件が厳しくなるほど、力を発揮するのが川内の真骨頂だからだ。

 4月からプロに転向する川内は「ドーハ、ドーハと思って走った」と、改めて世界陸上への意欲を口にしたが、プロなら母国開催の五輪で勝負して欲しいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  7. 7

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  8. 8

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  9. 9

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  10. 10

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る