日本人2人目“10秒の壁”突破 サニブラウンさらなる伸びシロ

公開日: 更新日:

 この程度で大きなニュースになる選手ではない。

 2017年世界陸上男子200メートル7位のサニブラウン・ハキーム(20)が11日、大学南東地区選手権(米・アーカンソー州)の100メートル決勝で、日本歴代2位の9秒99(追い風1.8メートル)をマークして優勝。日本人が10秒の壁を破ったのは、2017年9月の日本インカレで9秒98の日本記録を出した桐生祥秀以来。同種目の20年東京五輪参加標準記録突破の第1号で初の五輪出場も見えてきた。

 陸上トラック種目の代表は1国最大3人まで。男子100メートルのメダルは夢物語だが、ファイナリストなら桐生よりサニブラウンの方が期待が持てる。

 桐生は身長176センチと小柄。“エンジン”に限界を感じるが、188センチのサニブラウンはストライドが大きく後半も強い。ガーナ人の父と日本人の母から生まれたハーフで、父はサッカー経験があり、母親は100メートルとハードルでインターハイに出場している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る