大谷「骨に異常なし」も…打者専念で待ち受ける“死球禍”

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)は最悪の事態を免れた。

 20日(日本時間21日)のツインズ戦で右手薬指に死球を受けたが、試合後にX線検査を受けた結果、骨に異常なし。オースマス監督は「いいニュース。早いうちに戻れるだろう」と軽症を強調した。

 患部の状態次第では今後、投手としてのリハビリは大幅に遅れかねないものの、それ以上に打者としての先行きは不安だ。

 大谷は7日のタイガース戦で打者として復帰してから、ここまでDHとして12試合に出場し、48打数12安打の打率2割5分、2本塁打、8打点、6四球。マイナー戦に出場せず、実戦感覚が乏しいことも考えれば、まずまずの内容だが、三振の多さ(17個)は際立っている。

 ここまで、フィリーズ・ハーパー、レンジャーズ・ギャロの63個がメジャーワースト。ハーパーは3・3打席に1回、ギャロは2・8打席に1回の頻度で三振。大谷は55打席で17三振だから、3・2打席に1度の割合でスコアブックに「K」の文字が書き込まれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る