大坂なおみ全仏OP初戦辛勝 2回戦のアザレンカにも苦戦必至

公開日: 更新日:

 まさかの「スタート」だ。

 グランドスラム3連勝がかかる第1シードの大坂なおみ(21)は、世界ランク90位のシュミエドロバ(24・スロバキア)に2―1で勝ったものの、わずか20分で終わった第1セットは凡ミスを連発し0―6で落とす、まさかの幕開けだった。雨で中断した第2セットもストローク戦で苦しみながら、タイブレークでどうにかものに。相手に疲労が見え出した第3セットは6―1で取り、崖っぷちから逆転勝ちをおさめた。

 4大大会では18年全米のハレプ(ルーマニア)以来となる第1シードでの初戦敗退を逃れた大坂は「とてもタフな試合だった。風と雨、気温が下がるコンディションに合わせるのはたいへんだった」と言ったが、世界90位相手にこんな試合をしていたら次戦も苦戦必至だ。

 相手は、1回戦で17年全仏覇者のオスタペンコ(21・同39位・ラトビア)を2―0で破った元世界1位のアザレンカ(29・同43位・ベラルーシ)だ。183センチの長身から放つ強打で12、13年の全豪を連覇した後、故障や恋人との破局、うつ病、出産、息子の親権争いなどプライベートのゴタゴタで練習時間が取れず低迷。全盛期ほどのパワーはないが、今季はショットの正確性が戻ってきている。

 開幕前は「1年で(4大大会)全部に優勝できたら最高ですね」と笑顔を見せていた大坂。強敵相手に苦手な赤土で勝ち進むのは容易ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る