全仏前哨戦で“過重労働” 大坂なおみと錦織圭ともに暗雲が

公開日: 更新日:

 26日に開幕する全仏オープンの前哨戦であるイタリア国際でともに準々決勝に進出していた大坂なおみ(21=世界ランク1位)と錦織圭(29=同6位)が17日、ベスト4を前に揃って力尽きた。

 大坂は同4位のベルテンス(オランダ)との試合を前に棄権。「朝起きたら(右手の)親指に痛みが出て、ラケットを握れなかった。初めてのことで悲しさ半分、悔しさ半分」と話した。

 錦織は同24位のシュウォーツマン(アルゼンチン)にストレート負け。第1セットでいきなり5ゲームを連取されるなど精彩を欠いた。

 2人は初戦が雨天順延になった影響で、前日16日に異例のダブルヘッダーを戦っていた。毎週のように世界を転戦するテニスのツアーはただでさえハード。厳しいスケジュールを乗り越えるにはキャリアと強靱なフィジカルが必要不可欠だが、大坂は経験値、錦織は体力に不安を抱える。ダブルヘッダーを戦った翌日に準々決勝を勝ち抜くのは厳しいものがあった。

「プレッシャーを感じずにできたらいい」

 大坂は全仏出場へ意欲を見せたが、四大大会3連勝に暗雲だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る