全仏前哨戦で“過重労働” 大坂なおみと錦織圭ともに暗雲が

公開日: 更新日:

 26日に開幕する全仏オープンの前哨戦であるイタリア国際でともに準々決勝に進出していた大坂なおみ(21=世界ランク1位)と錦織圭(29=同6位)が17日、ベスト4を前に揃って力尽きた。

 大坂は同4位のベルテンス(オランダ)との試合を前に棄権。「朝起きたら(右手の)親指に痛みが出て、ラケットを握れなかった。初めてのことで悲しさ半分、悔しさ半分」と話した。

 錦織は同24位のシュウォーツマン(アルゼンチン)にストレート負け。第1セットでいきなり5ゲームを連取されるなど精彩を欠いた。

 2人は初戦が雨天順延になった影響で、前日16日に異例のダブルヘッダーを戦っていた。毎週のように世界を転戦するテニスのツアーはただでさえハード。厳しいスケジュールを乗り越えるにはキャリアと強靱なフィジカルが必要不可欠だが、大坂は経験値、錦織は体力に不安を抱える。ダブルヘッダーを戦った翌日に準々決勝を勝ち抜くのは厳しいものがあった。

「プレッシャーを感じずにできたらいい」

 大坂は全仏出場へ意欲を見せたが、四大大会3連勝に暗雲だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る