エ軍大谷HR量産シーズン到来も 本拠地の夏場は“一長一短”

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が休養を与えられた。

 3日(日本時間4日)のカブス戦はDHが使えない敵地でのインターリーグのため、菊池雄星(27)が先発した5月30日のマリナーズ戦以来、4試合ぶり、今季4度目のベンチ待機である。

 今季、打者に専念する大谷にとって、これからは本塁打を量産する条件が整う季節だ。本拠地アナハイムは6月から9月にかけて暑さが続き、空気が乾燥するため、打球が飛びやすくなるからだ。5月7日に復帰してから3本塁打にとどまっている大谷には追い風となりそうだが、喜んでばかりもいられない。

 打者にとって天国とはいえ、投手は苦戦を強いられる。乾燥でボールが滑りやすくなるため、指先などに余計な力が入って患部に負担がかかる可能性もあるためだ。

 来季の二刀流復活を目指す大谷はここに来て、投手としてのリハビリのピッチが上がっており、スローイングプログラムは、これまでの週3回から4回に増やした。1日にはキャッチボールの距離も復帰後最長となる45メートルまで伸びた。肘にメスを入れた投手は通常、術後9~10カ月でブルペン入りする。大谷も順調なら7月にブルペンに入って立ち投げから本格的な投球練習を再開する見込み。乾燥でボールが滑るブルペンで力を入れれば入れるほど、肘に悪影響を及ぼすリスクが生じる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号