ゴロOUT量産の大谷 完全復調まで「発射角度10度」の誤差

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が長打から遠ざかっている。

 日本時間19日のロイヤルズ戦で今季2号を放って以来、同30日まで一発がない。本塁打どころか、いまだに二塁打、三塁打とも0本だ。ここ数試合ではゴロを量産しており、ゴロアウトとフライアウトの比率は1.77で、昨季の1.22を上回る(比率1ならゴロと飛球が同数)。守備シフトの網に引っ掛かるように一、二塁間への内野ゴロに打ち取られている。

 手術した右肘の不安は感じさせず、打球速度の平均(約151キロ)は昨季(約150キロ)を上回っている。打球の力強さは手術前を上回りながらも、長打欠乏症に陥っているのだ。

「大谷は、直球に対して振り遅れが目立ち、差し込まれ気味のスイングをしているのが現状です。逆方向へ飛ばそうとする意識が強いこともあり、速球にタイミングが合っていないのかもしれません。昨季、適応力の高さを発揮しただけに、直球に対応するのは時間の問題だと思いますが……」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る