ゴロOUT量産の大谷 完全復調まで「発射角度10度」の誤差

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が長打から遠ざかっている。

 日本時間19日のロイヤルズ戦で今季2号を放って以来、同30日まで一発がない。本塁打どころか、いまだに二塁打、三塁打とも0本だ。ここ数試合ではゴロを量産しており、ゴロアウトとフライアウトの比率は1.77で、昨季の1.22を上回る(比率1ならゴロと飛球が同数)。守備シフトの網に引っ掛かるように一、二塁間への内野ゴロに打ち取られている。

 手術した右肘の不安は感じさせず、打球速度の平均(約151キロ)は昨季(約150キロ)を上回っている。打球の力強さは手術前を上回りながらも、長打欠乏症に陥っているのだ。

「大谷は、直球に対して振り遅れが目立ち、差し込まれ気味のスイングをしているのが現状です。逆方向へ飛ばそうとする意識が強いこともあり、速球にタイミングが合っていないのかもしれません。昨季、適応力の高さを発揮しただけに、直球に対応するのは時間の問題だと思いますが……」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る