厳しいマークで長打遠く…エ軍大谷の試練はいつまで続く?

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が長打から遠ざかっている。

 21日のツインズ戦は死球を受けた右手薬指の痛みを押して出場。3試合ぶりの安打を放ちながら、ここまで13試合に出場して52打数13安打の打率2割5分、2本塁打、8打点(21日終了時)。18日のロイヤルズ戦で今季2号ソロを放って以来、長打が出ていないのだ。

 21日には今季4番を打つシモンズ内野手が左足首捻挫で10日間の負傷者リスト(IL)入り。患部は3段階で最も重いグレード3と診断され、復帰時期は未定だ。勝負強い主砲の離脱は、直前の3番を打つ大谷にも少なからぬ影響を及ぼす。

 オースマス監督は当面、シモンズの代役の4番にベテランのプホルス(39)を据えるとしているが、力の衰えは否めない。今季ここまで8本塁打を放っているとはいえ、打率2割3分5厘。得点圏打率1割9分5厘(41打数8安打)と、全盛期の強打は見る影もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る