球宴は絶望的も…エ軍大谷は前夜祭“HRダービー”の主役候補

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が巧打を披露した。29日(日本時間30日)のアスレチックス戦に「3番・DH」で出場し、5打数1安打1得点3三振だった。

 前日は決勝打を放った大谷。この日は六回の第4打席までバットから快音は聞かれなかったが、八回。台湾人左腕の王維中の外角低めの変化球に両腕を伸ばして、最後は右手1本で捉えて一、二塁間を破った。花巻東高の先輩である菊池雄星(27)との直接対決が予想される30日(同31日)のマリナーズ戦を前に3戦連続安打と調子を上げてきた。

 前日からオールスター(7月9日=クリーブランド)の先発野手を選ぶファン投票が始まり、大谷はア・リーグDH部門にエントリーされた。

 同部門からは、昨季史上初めてDH、外野の両部門でシルバースラッガー賞に選ばれたレッドソックスのJ・D・マルティネス(今季打率3割6厘、11本塁打、31打点)、昨季の本塁打王であるアスレチックス・デービス(同2割4分8厘、12本塁打、29打点)のどちらかの選出が有力(記録は28日終了時)。右肘手術の影響で1カ月以上も出遅れ、好不調の波が激しい大谷がファン投票はもちろん、控え野手を決める選手間投票でも支持を得るのは厳しい状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る