球宴は絶望的も…エ軍大谷は前夜祭“HRダービー”の主役候補

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が巧打を披露した。29日(日本時間30日)のアスレチックス戦に「3番・DH」で出場し、5打数1安打1得点3三振だった。

 前日は決勝打を放った大谷。この日は六回の第4打席までバットから快音は聞かれなかったが、八回。台湾人左腕の王維中の外角低めの変化球に両腕を伸ばして、最後は右手1本で捉えて一、二塁間を破った。花巻東高の先輩である菊池雄星(27)との直接対決が予想される30日(同31日)のマリナーズ戦を前に3戦連続安打と調子を上げてきた。

 前日からオールスター(7月9日=クリーブランド)の先発野手を選ぶファン投票が始まり、大谷はア・リーグDH部門にエントリーされた。

 同部門からは、昨季史上初めてDH、外野の両部門でシルバースラッガー賞に選ばれたレッドソックスのJ・D・マルティネス(今季打率3割6厘、11本塁打、31打点)、昨季の本塁打王であるアスレチックス・デービス(同2割4分8厘、12本塁打、29打点)のどちらかの選出が有力(記録は28日終了時)。右肘手術の影響で1カ月以上も出遅れ、好不調の波が激しい大谷がファン投票はもちろん、控え野手を決める選手間投票でも支持を得るのは厳しい状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る