リハビリの疲労もピークに…エ軍大谷“右手薬指痛”の深刻度

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)に右肘の不安がささやかれている。

 23日(日本時間24日)のツインズ戦は、雨で中止になった前日に続いてスタメンを外れ、代打での出番もなかった。この日の試合前の練習では、予定していたキャッチボールを回避した。

 大谷は20日の試合で、ハーフスイングした際、右手薬指に投球を受けた状態に関して軽症を強調しているものの、問題は昨年10月1日に靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けた患部への影響だ。利き手の薬指に痛みを抱えながら、遠投などのリハビリを続ければ、右肘に負担が生じるからだ。

「薬指とはいえ腫れがある以上、投げる際に痛みを感じるはずです。リハビリ段階ですが、本人も気になって、しっかりと腕が振れなかったり、リリースポイントが安定しないなど今の状態でキャッチボールを続けるのは決してプラスにはならないと思う」(J SPORTSのMLB中継で解説を務める三井浩二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

もっと見る