権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

初回で先発代えるラミレス監督の用兵に三浦コーチの心中は

公開日: 更新日:

 内情は知らない。しかし、投手陣を預かる三浦大輔コーチ(45)の気持ちは察しがつく。

 2日の試合で、DeNAのラミレス監督(44)が先発の浜口を1イニングで降板させた。初回に3失点。内野の失策が絡んで自責点はゼロだったものの、二回のマウンドには国吉を上げた。懲罰交代、強制降板……そう報じたメディアもあったようだが、投手出身の私からすると確かに、理解に苦しむ用兵だ。

「1回で代えるくらいなら、最初から先発なんかさせないでほしい」

 これが、三浦コーチの本音ではないか。

 浜口に関していえば、ラミレス監督はこの前回登板でも1回3分の2で交代を告げている(5失点、自責点4)。今年は特に先発投手を3回、4回で降板させるケースが少なくなく、三浦コーチは大変だろうなと思っていた。たかが3失点、しかも自責点ゼロの先発投手を1回で代えるような起用をしていたら、そのしわ寄せはリリーフ陣にいき、のちのち、間違いなく投手陣全体に歪みが出る。長いペナントレース、いかにして投手を疲弊させず、シーズンの最後までコンディションを持たせるかに頭を悩ませる投手コーチの立場からすれば、“まったく、勘弁してくれよ”というところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る