浮上するラミレス休養説…DeNA最下位は監督だけが悪いのか

公開日: 更新日:

 気の早いファンやマスコミは、2009年と重ね合わせているという。

 今季、14勝24敗の借金10(5月15日現在)で最下位に低迷するDeNA。10年前の5月18日には、今と全く同じ成績で当時の大矢明彦監督が途中休養した。さる球界関係者がこう言う。

「南場オーナーは先日、フロントに向けて『適切な対応を』と言った。このまま低迷が続き、ハマスタへの客足に影響するとフロントが判断すれば、ラミレス監督の休養もありうる。その場合、青山ヘッドか万永二軍監督、さらにはファン人気の高い三浦投手コーチが代行監督を務めるでしょう」

■編成の失敗

 たしかに、ラミレス監督の采配を「独善的だ」と批判するファンもいる。しかし、さるベイスターズOBは、「チーム内にはラミレス監督に同情するムキもある。独善的なのは今に始まったことじゃないし、それでも17年には日本シリーズに進出している。それより問題なのは、フロントの編成力です」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る