最下位低迷DeNA“ラミレス独裁”は本当か 青山ヘッドCに直撃

公開日: 更新日:

 最下位に低迷するDeNA。借金は「10」、首位の巨人とは7.5ゲームの大差をつけられている。

 就任1年目で万年Bクラスのチームを3位に引き上げたラミレス監督もいまや戦犯扱い。選手の状態やコーチの意見よりもデータを重視する采配が「独裁者」と批判され、成績低迷の責任を一身に負っている。

 緩衝材だった光山バッテリーコーチが昨季限りで退団。チーム内の風通しは悪化し、制御の利かなくなったベンチで指揮官と選手の「橋渡し役」を担っているのが“ナンバー2”の青山ヘッドコーチだ。試合中はラミレス監督と話し合う様子がたびたび見られ、指揮官の指示を選手に伝えている。

 低迷の要因に挙げられるコミュニケーション不足は本当に深刻なのか。青山ヘッドに聞くと、こう答えた。

「(監督との)コミュニケーションは、別に去年も少なかったわけじゃなくて、きちんとしていることはしているわけで、あとは監督がどういうふうに意見を吸い上げるかという問題。だから、ただ(コミュニケーションの機会を)多くしたとしても、あとは監督が(意見を)吸い上げるだけの話になってくる。当然、言うべきことは言うよ。でも、(試合中に)ベンチ内でゆっくり会話なんかしている時間はないわけですよ。『打たせるよ』『いや、バントの方がいいでしょう』なんて言っている時間はないんだよね。だから監督が決めたことが決定事項。前もって準備できることはするし、いろいろな話をするけど、瞬時の判断は任せている。だから、コミュニケーションは量の問題じゃない。(コーチたちの)意見をどう解釈してどう決めていくかは監督だから」

 戦術的なことについては、指揮官から徹底した箝口令が敷かれているDeNA。青山ヘッドも「あまりペラペラしゃべると怒られちゃうんだよ」と話した。苦戦を強いられるここ数試合、何か変えたことはあるのかという問いには首を横に振った青山ヘッド。最下位脱出にはまだ時間がかかるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る