権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

菅野の離脱はチームには痛手だが本人にはむしろプラス

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(29)が腰の違和感を訴えて一軍登録を抹消された。

 絶対的エースの離脱はチームにとって痛手だろうが、本人にとってはむしろ、プラスに転じるとみている。ここまで、リーグトップタイの5勝を挙げてはいるものの、防御率は4.36。15日の阪神戦で4本塁打を浴びるなど、自己最悪の10失点を喫した。13被本塁打は12球団ワーストと、本来の調子でないのは誰の目にも明らかだった。

 原因は疲労だろう。肉体的な疲れはもちろんのこと、より大きいのは精神的な疲弊だと思う。巨人のエースの看板を背負い、今季は1958年の金田正一さん以来となる3年連続の沢村賞を期待される。彼とは定期的に話をする関係だが、会話をしていると「勝ち星で1番、防御率で1番、球威でもコントロールでも1番」とすべてにおいてナンバーワンを目指す志の高さを、言葉の端々に感じさせるのが常だ。当然、そのための準備にも妥協がない。悪いことではもちろんないが、もう少し鷹揚に構えてもいいのにな、と思うことがあった。あまりに追い込み過ぎると、自分で自分にプレッシャーをかけることになってしまい、体より気持ちがしんどくなるぞ、と老婆心ながら忠告したこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る