権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

菅野の離脱はチームには痛手だが本人にはむしろプラス

公開日: 更新日:

 巨人の菅野智之(29)が腰の違和感を訴えて一軍登録を抹消された。

 絶対的エースの離脱はチームにとって痛手だろうが、本人にとってはむしろ、プラスに転じるとみている。ここまで、リーグトップタイの5勝を挙げてはいるものの、防御率は4.36。15日の阪神戦で4本塁打を浴びるなど、自己最悪の10失点を喫した。13被本塁打は12球団ワーストと、本来の調子でないのは誰の目にも明らかだった。

 原因は疲労だろう。肉体的な疲れはもちろんのこと、より大きいのは精神的な疲弊だと思う。巨人のエースの看板を背負い、今季は1958年の金田正一さん以来となる3年連続の沢村賞を期待される。彼とは定期的に話をする関係だが、会話をしていると「勝ち星で1番、防御率で1番、球威でもコントロールでも1番」とすべてにおいてナンバーワンを目指す志の高さを、言葉の端々に感じさせるのが常だ。当然、そのための準備にも妥協がない。悪いことではもちろんないが、もう少し鷹揚に構えてもいいのにな、と思うことがあった。あまりに追い込み過ぎると、自分で自分にプレッシャーをかけることになってしまい、体より気持ちがしんどくなるぞ、と老婆心ながら忠告したこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る