権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

小川監督率いるヤクルトで高卒2年目の村上が開花する必然

公開日: 更新日:

 私が中日の投手コーチに復帰した2012年、最もやりにくかった敵将がヤクルト小川淳司監督(61)だった。

 とにかく我慢強い。ヤクルトの先発投手が試合序盤に失点を重ね、「向こうにはきつい展開になったなあ」と思って、相手ベンチを見やると、小川監督は表情ひとつ変えず、腕組みをしたまま身じろぎもしない。平気な顔をして、打たれた投手を五回まで投げさせることが何度もあった。劣勢になった試合で、感情に任せて次から次に投手を代えれば、ロクなことにならないことが分かっているからだ。

 先を見据えて、辛抱のできる監督が率いるチームは強い。選手も育つ。私が以前から小川監督を評価する理由のひとつがそこにある。

 そんな彼がヤクルト監督に復帰して2年目を迎える今季、相変わらずいい仕事をしている。例えば、高卒2年目の村上宗隆(19)の使い方だ。9日現在、リーグ2位タイの26打点、同4位タイの9本塁打をマーク。早くもその才能を開花させているが、実際にはまだまだ粗っぽいところがある。

 打率・248、得点圏打率・242、三振数はリーグワースト3位タイの36だ。課題の守備でも一塁と三塁で計6失策。9号2ランを放った6日の阪神戦では、失点につながるトンネルエラーを犯して「投手に申し訳ない」と猛省していた。だが、試合後の小川監督は「あそこの球を本塁打にするのは、素晴らしい」と守備のミスより、逆方向の左翼スタンド中段まで飛ばした一発を手放しで褒めているのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?