権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

小川監督率いるヤクルトで高卒2年目の村上が開花する必然

公開日: 更新日:

 私が中日の投手コーチに復帰した2012年、最もやりにくかった敵将がヤクルトの小川淳司監督(61)だった。

 とにかく我慢強い。ヤクルトの先発投手が試合序盤に失点を重ね、「向こうにはきつい展開になったなあ」と思って、相手ベンチを見やると、小川監督は表情ひとつ変えず、腕組みをしたまま身じろぎもしない。平気な顔をして、打たれた投手を五回まで投げさせることが何度もあった。劣勢になった試合で、感情に任せて次から次に投手を代えれば、ロクなことにならないことが分かっているからだ。

 先を見据えて、辛抱のできる監督が率いるチームは強い。選手も育つ。私が以前から小川監督を評価する理由のひとつがそこにある。

 そんな彼がヤクルト監督に復帰して2年目を迎える今季、相変わらずいい仕事をしている。例えば、高卒2年目の村上宗隆(19)の使い方だ。9日現在、リーグ2位タイの26打点、同4位タイの9本塁打をマーク。早くもその才能を開花させているが、実際にはまだまだ粗っぽいところがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  7. 7

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  8. 8

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  9. 9

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  10. 10

    20年で3倍強に!アメリカの大学「学費高騰」の本当の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る