エ軍大谷は二刀流こなした昨季以上にやること“てんこ盛り”

公開日: 更新日:

 今季2度目の日本人対決が実現した。

 エンゼルス・大谷翔平(24)が11日(日本時間12日)、前田健太(31)が先発するドジャース戦に「3番・DH」で出場。初回2死走者なしで第1打席目を迎えると、フルカウントから約132キロのスライダーを右翼席へ運ぶ、先取7号ソロを放った。前田はこの一発がきっかけに崩れ、その後3ランを浴びて初回だけで5点を失った。大谷対マエケンの直接対決は本塁打、三振の2打数1安打1打点。試合はエンゼルスが5対3で勝利し、前田は3敗目(7勝)を喫した。

 右肘靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術の影響で、今季の大谷は打者に専念。投球の負担は免れているとはいえ、実は二刀流をこなしたメジャー1年目の昨季以上に、多忙な日々を過ごしている。

 試合前は他の野手とともに、打者としての準備に抜かりないのは当然として、大谷のルーティンはそれだけに限らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る