同窓対決に圧勝 大谷が誓っていた“高1で雄星超え”の対抗心

公開日: 更新日:

 2009年、花巻東が菊池雄星(27=現マリナーズ)を擁してセンバツ準優勝、夏の甲子園で4強入りした快挙が、岩手の野球少年たちに与えた衝撃は大きかった。

 大谷翔平(24=現エンゼルス)は当時、水沢南中学3年生。地元・岩手のヒーローだった菊池に憧れて同じ花巻東に進学したといわれるが、実際は違う。

 大谷は同級生との間で菊池の活躍が話題にのぼったとき、「高1で超えてやる」と言ったという。

 菊池の球速や投手としての成績を高校1年で超えてみせるということだろう。菊池への憧れで花巻東に進学したのではなく、練習のスタイル、指導者、施設……同じ条件下で菊池を上回ろうと思ったのだ。

 プレーするのは一関シニアだけで、中学の野球部に籍は置きながら途中からは練習試合にも出なくなった。自分から進んで野球の話をしない大谷が、菊池の話題になったとたん目の色を変えたため周囲はビックリしたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  6. 6

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る