同窓対決に圧勝 大谷が誓っていた“高1で雄星超え”の対抗心

公開日: 更新日:

 2009年、花巻東が菊池雄星(27=現マリナーズ)を擁してセンバツ準優勝、夏の甲子園で4強入りした快挙が、岩手の野球少年たちに与えた衝撃は大きかった。

 大谷翔平(24=現エンゼルス)は当時、水沢南中学3年生。地元・岩手のヒーローだった菊池に憧れて同じ花巻東に進学したといわれるが、実際は違う。

 大谷は同級生との間で菊池の活躍が話題にのぼったとき、「高1で超えてやる」と言ったという。

 菊池の球速や投手としての成績を高校1年で超えてみせるということだろう。菊池への憧れで花巻東に進学したのではなく、練習のスタイル、指導者、施設……同じ条件下で菊池を上回ろうと思ったのだ。

 プレーするのは一関シニアだけで、中学の野球部に籍は置きながら途中からは練習試合にも出なくなった。自分から進んで野球の話をしない大谷が、菊池の話題になったとたん目の色を変えたため周囲はビックリしたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る