元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

日本にとって厄介なのはエクアドルの“ネガティブパワー”

公開日: 更新日:

6月23日 日曜日

 日本かエクアドルか。2019コパ・アメリカ(ブラジル)8強進出の行方は24日のベロオリゾンテでの両国直接対決に絞られた。「勝つしかないってことは極めてシンプル」と2戦連続先発濃厚の岡崎慎司(レスター)が話したように、日本が生き残るためには白星をつかむだけ。それだけの底力が若き森保ジャパンにあるのか。明日のC組最終決戦から目が離せない。

 ◇  ◇  ◇

 23日は日曜日。ベロオリゾンテのセントロは前日までの賑わいが嘘のように閑散としていた。水を買おうと適当な店を探したが、どこもシャッターが閉まっていてなかなか見つからない。2014年ブラジルW杯時は特別だったのか、買い物に困った記憶がない。結局、薬局で小さなペットボトルを入手したが、本物のブラジルの週末の静けさを思い知った。

 そんな中、サン・ジョゼー教会前を通りかかると大勢の人が礼拝に参加していたので、筆者も思い切って中に入った。ブラジルは敬虔なカトリックが多い国。日曜日には教会へ行って祈りを捧げる文化が定着しているのだろう。ただ、奏でているのは聖歌ではなく、歌謡曲に近い明るいメロディの音楽だった。欧州の教会で何度か礼拝を見たことがあるが、趣きがかなり違っていた。ブラジルらしい陽気な雰囲気に少し心が癒された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る