元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

日本にとって厄介なのはエクアドルの“ネガティブパワー”

公開日: 更新日:

6月23日 日曜日

 日本かエクアドルか。2019コパ・アメリカ(ブラジル)8強進出の行方は24日のベロオリゾンテでの両国直接対決に絞られた。「勝つしかないってことは極めてシンプル」と2戦連続先発濃厚の岡崎慎司(レスター)が話したように、日本が生き残るためには白星をつかむだけ。それだけの底力が若き森保ジャパンにあるのか。明日のC組最終決戦から目が離せない。

 ◇  ◇  ◇

 23日は日曜日。ベロオリゾンテのセントロは前日までの賑わいが嘘のように閑散としていた。水を買おうと適当な店を探したが、どこもシャッターが閉まっていてなかなか見つからない。2014年ブラジルW杯時は特別だったのか、買い物に困った記憶がない。結局、薬局で小さなペットボトルを入手したが、本物のブラジルの週末の静けさを思い知った。

 そんな中、サン・ジョゼー教会前を通りかかると大勢の人が礼拝に参加していたので、筆者も思い切って中に入った。ブラジルは敬虔なカトリックが多い国。日曜日には教会へ行って祈りを捧げる文化が定着しているのだろう。ただ、奏でているのは聖歌ではなく、歌謡曲に近い明るいメロディの音楽だった。欧州の教会で何度か礼拝を見たことがあるが、趣きがかなり違っていた。ブラジルらしい陽気な雰囲気に少し心が癒された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る