元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保建英“自己主張当たり前”な立ち振る舞いは好感度が高い

公開日: 更新日:

6月16日 日曜日

 ブラジルで開催中の2019年コパ・アメリカの日本の初戦、チリとの大一番が17日(日本時間18日午前8時キックオフ)に迫ってきた。森保一監督は「最低でも勝ち点1を拾っていきたい」と強調。エクアドルがウルグアイに0-4で敗れたことも追い風に3位以内を死守し、8強入りを果たすつもりだ。

 カギを握るのが、スペインの名門、レアル・マドリード入りする久保建英(18)。この日は南米の記者に「すみません。明日の試合後に話します」と完璧なスペイン語で言い残し、試合会場のモルンビー・スタジアムから引き揚げたが、レアルが認めた逸材のコパデビューに各国報道陣は色めき立っている。

 ◇  ◇  ◇

「クボのプレー? まだ見たことがないんだ」と語るのは16日の選手取材ゾーンにやってきたコロンビアとペルーの記者2人組。彼らのみならず、久保建英を生観戦したことのある外国報道陣はほんのわずかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る