元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保建英“自己主張当たり前”な立ち振る舞いは好感度が高い

公開日: 更新日:

6月16日 日曜日

 ブラジルで開催中の2019年コパ・アメリカの日本の初戦、チリとの大一番が17日(日本時間18日午前8時キックオフ)に迫ってきた。森保一監督は「最低でも勝ち点1を拾っていきたい」と強調。エクアドルがウルグアイに0-4で敗れたことも追い風に3位以内を死守し、8強入りを果たすつもりだ。

 カギを握るのが、スペインの名門、レアル・マドリード入りする久保建英(18)。この日は南米の記者に「すみません。明日の試合後に話します」と完璧なスペイン語で言い残し、試合会場のモルンビー・スタジアムから引き揚げたが、レアルが認めた逸材のコパデビューに各国報道陣は色めき立っている。

 ◇  ◇  ◇

「クボのプレー? まだ見たことがないんだ」と語るのは16日の選手取材ゾーンにやってきたコロンビアとペルーの記者2人組。彼らのみならず、久保建英を生観戦したことのある外国報道陣はほんのわずかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る