JOC新会長に山下泰裕氏 政府依存は続くのか、そして力量は

公開日: 更新日:

「責任の重さを痛感しております」

 そう話したのは、昨27日、日本オリンピック委員会(JOC)会長に就任したロス五輪柔道金メダリストの山下泰裕氏(62)だ。

 2020年東京五輪まで1年と迫る中での新体制。「いろんな方々から『絶対に逃げちゃいかんぞ』『腹をくくれ』、そう言われ、推挙されたときは受けようと準備してきた」と話した。発表された役員の中には、前NHK会長の籾井勝人氏の娘で前文部科学省広報室長の籾井圭子氏(47)が選出された。官僚の「入閣」に、スポーツ界への政治介入が指摘されると、山下会長はこう言った。

「全柔連を風通しのいい組織にできたのは外部有識者のご尽力あってのこと。私が強く希望した」

 東京五輪の強化費も含めて、JOCの国への依存度は年々、高くなっている。山下政権でもそれは続くのか。元JOC職員でスポーツコンサルタントの春日良一氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る