JOC新会長に山下泰裕氏 政府依存は続くのか、そして力量は

公開日: 更新日:

「責任の重さを痛感しております」

 そう話したのは、昨27日、日本オリンピック委員会(JOC)会長に就任したロス五輪柔道金メダリストの山下泰裕氏(62)だ。

 2020年東京五輪まで1年と迫る中での新体制。「いろんな方々から『絶対に逃げちゃいかんぞ』『腹をくくれ』、そう言われ、推挙されたときは受けようと準備してきた」と話した。発表された役員の中には、前NHK会長の籾井勝人氏の娘で前文部科学省広報室長の籾井圭子氏(47)が選出された。官僚の「入閣」に、スポーツ界への政治介入が指摘されると、山下会長はこう言った。

「全柔連を風通しのいい組織にできたのは外部有識者のご尽力あってのこと。私が強く希望した」

 東京五輪の強化費も含めて、JOCの国への依存度は年々、高くなっている。山下政権でもそれは続くのか。元JOC職員でスポーツコンサルタントの春日良一氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  4. 4

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

もっと見る