22年W杯招致の不正疑惑…プラティニ逮捕で“首筋が寒い人”

公開日: 更新日:

 竹田会長はどんな心境だろうか。

 サッカーフランス代表の元エースで、欧州サッカー連盟(UEFA)前会長のミシェル・プラティニ(63)が18日、2022年W杯のカタール大会招致をめぐる汚職容疑で逮捕されたと、AFP通信などが報じた。

 22年W杯の開催地は10年12月のFIFA(国際サッカー連盟)理事会で決まったが、最初にオーストラリアが落選。2回目の投票で日本、3回目で韓国が落ち、アメリカとカタールによる決選投票はカタールが過半数を獲得し開催を決めたのだが、当時FIFAの理事だったプラティニはカタールに投票。見返りにカタール側から高額な金品授受などの不正疑惑があった。フランスの汚職調査を捜査する司法警察にパリで身柄を拘束された。

 大会招致に絡む不正といえば、今月末の任期で辞任するJOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長(71)も疑惑は晴れていない。IOC(国際オリンピック委員会)委員でIAAF(国際陸上競技連盟)会長だったラミン・ディアク氏の息子であるパパマッサタ・ディアク氏が関連するシンガポールのコンサルタント会社に、2度にわたり総額2億3000万円ものカネが招致委員会名義の口座から送金されていた。この金の一部がIOC関係者などに流れたとの疑いがもたれている。

 竹田会長はこの件で1月に記者会見を開き、疑惑を全面否定したが、会見時間はたったの7分間で質問は一切受け付けなかった。誠意のない対応が疑惑に拍車をかけた。

 竹田会長はプラティニ逮捕のニュースで、首筋がますます寒くなったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る