22年W杯招致の不正疑惑…プラティニ逮捕で“首筋が寒い人”

公開日: 更新日:

 竹田会長はどんな心境だろうか。

 サッカーフランス代表の元エースで、欧州サッカー連盟(UEFA)前会長のミシェル・プラティニ(63)が18日、2022年W杯のカタール大会招致をめぐる汚職容疑で逮捕されたと、AFP通信などが報じた。

 22年W杯の開催地は10年12月のFIFA(国際サッカー連盟)理事会で決まったが、最初にオーストラリアが落選。2回目の投票で日本、3回目で韓国が落ち、アメリカとカタールによる決選投票はカタールが過半数を獲得し開催を決めたのだが、当時FIFAの理事だったプラティニはカタールに投票。見返りにカタール側から高額な金品授受などの不正疑惑があった。フランスの汚職調査を捜査する司法警察にパリで身柄を拘束された。

 大会招致に絡む不正といえば、今月末の任期で辞任するJOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長(71)も疑惑は晴れていない。IOC(国際オリンピック委員会)委員でIAAF(国際陸上競技連盟)会長だったラミン・ディアク氏の息子であるパパマッサタ・ディアク氏が関連するシンガポールのコンサルタント会社に、2度にわたり総額2億3000万円ものカネが招致委員会名義の口座から送金されていた。この金の一部がIOC関係者などに流れたとの疑いがもたれている。

 竹田会長はこの件で1月に記者会見を開き、疑惑を全面否定したが、会見時間はたったの7分間で質問は一切受け付けなかった。誠意のない対応が疑惑に拍車をかけた。

 竹田会長はプラティニ逮捕のニュースで、首筋がますます寒くなったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)