実業団陸上の“飼い殺し制度”は公取委の指摘で変わるのか?

公開日: 更新日:

「おそらく制限は撤廃されるでしょうが、これは恥ずべきことです」

 スポーツライターの津田俊樹氏がこういうのは、17日に公正取引委員会(以下=公取)が発表した「スポーツ事業分野における移籍制限ルールに関する独占禁止法上の考え方について」の件だ。

 スポーツ界における移籍制限の実態調査を進めてきた公取は、「人材(選手)の獲得を巡る公正かつ自由な競争という観点からみた場合に、その合理性や必要性について十分に検討した上で設定されたとは言い難いものが多く存在することが認められた」という。

 顕著な例が、日本実業団陸上競技連合が設けている、選手の移籍制限だ。

 実業団の選手は所属チームから退部証明書を交付してもらわなければ「円満移籍者」とは認められず移籍希望チームに無期限で登録申請できない。つまり、所属チームの指導方針や練習法が合わなくても退部届にハンコを押してもらえない限り、嫌でも我慢するか、陸上をやめるしかないのだ。前出の津田氏がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る