実業団陸上の“飼い殺し制度”は公取委の指摘で変わるのか?

公開日: 更新日:

「おそらく制限は撤廃されるでしょうが、これは恥ずべきことです」

 スポーツライターの津田俊樹氏がこういうのは、17日に公正取引委員会(以下=公取)が発表した「スポーツ事業分野における移籍制限ルールに関する独占禁止法上の考え方について」の件だ。

 スポーツ界における移籍制限の実態調査を進めてきた公取は、「人材(選手)の獲得を巡る公正かつ自由な競争という観点からみた場合に、その合理性や必要性について十分に検討した上で設定されたとは言い難いものが多く存在することが認められた」という。

 顕著な例が、日本実業団陸上競技連合が設けている、選手の移籍制限だ。

 実業団の選手は所属チームから退部証明書を交付してもらわなければ「円満移籍者」とは認められず移籍希望チームに無期限で登録申請できない。つまり、所属チームの指導方針や練習法が合わなくても退部届にハンコを押してもらえない限り、嫌でも我慢するか、陸上をやめるしかないのだ。前出の津田氏がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る