DeNA「2番・筒香」がハマった本当の理由 打撃コーチ明かす

公開日: 更新日:

 DeNAの「2番・筒香」が当たっている。

 球宴明けの15日から4番を外れた主砲は、新たな打順でここ7試合連続安打中。チームも後半戦に入って5勝2敗で2位をキープしている。ラミレス監督の選手起用が奏功している格好だ。不調だった筒香を、ラミレス監督は「4番の重責もあったと思う」と察したが、結果が出ているのは本当に「2番だから」なのか。

 田代打撃コーチに聞くと、「というよりも、アイツの場合はポイントになるのは(打撃)フォームだね」と言ってこう続ける。

「オールスター前の神宮(ヤクルト戦)の2試合目(9日)だったかな。打撃フォームを少し変えていたんだよ。試合中に『良くなったな』と声をかけたら、『そうなんです。こういうふうに少し変えてみたらいい感じで……』という話だった。それまでもいろいろ試していたみたいで、しっくりきたんだと思う。タイミングの取り方が良くなってから、自信を持って見逃せているし、早いカウントから積極的にいけるようになった。それまではボールの見方も悪くて、きちんとタイミングが取れていなかった。きっかけをつかんだから、今は状態良く打席に入れているんだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る