エ軍大谷の二刀流復帰は早くて来年4月20日のアストロズ戦

公開日: 更新日:

 米大リーグ機構(MLB)は12日(日本時間13日)、来季の日程を発表し、3月26日(同27日)に全30チームが開幕を迎える。

 大谷翔平(25)のエンゼルスは同地区のライバルであるアストロズと対戦する。右肘手術の影響で、今季、打者に専念している大谷はオフのリハビリが順調なら来季序盤にも投手復帰が見込まれる。

 もっとも、来季から「2ウエープレーヤー枠」が設けられる。大谷を投打の二刀流として登録するには「前年かその年に20イニング以上の登板、かつ野手では20試合以上先発して、各試合で最低3打席以上に立たなければならない」との条件をクリアする必要がある。

 今季、登板のない大谷が20イニングをクリアするには最短でも3試合を要する。その間、大谷の打撃を生かせないため、エンゼルスにとっては野手として20試合に起用した方が得策だ。

 来季、野手として20試合を消化するのは早くても4月18日のアストロズ戦。投手復帰は翌日(日本時間20日)の同カードになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  5. 5

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  8. 8

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る