エ軍大谷サイ・ヤング級投手との対決は二刀流の生きた教材

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が8日(日本時間9日)、敵地ボストンでのレッドソックス戦で3試合ぶりのスタメン復帰。相手先発左腕のセールに対し第1打席は止めたバットにボールが当たり、三塁線へのボテボテのゴロ。三塁手デバースは切れると判断して見送ったが、打球が転々とする間に、大谷は二塁に到達。4試合ぶりの安打を放った。四回の第2打席は変化球にタイミングを外されて中飛、七回の第3打席は見逃し三振に倒れた。

 今回のレッドソックス4連戦では、セール、右腕ポーセロと、好投手とのメジャー初対戦が続く。ポーセロは2016年にサイ・ヤング賞を受賞、セールにしても同賞候補の常連。ここまでポーセロは10勝(8敗)を挙げ、セールは5勝11敗と黒星が先行しているものの、いずれもメジャーを代表する好投手だ。

 後半戦に入ってからの大谷は23試合で2割3分9厘、1本塁打、5打点。ここ15試合でも47打数11安打の打率2割3分4厘と、チームの失速とともにバットが湿りがちだ。ただ、このレッドソックス戦の結果がどうであれ、好投手との対戦は決して無駄にならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る