バド世界選手権「タカマツ」ペア妹の高橋沙也加が快勝発進

公開日: 更新日:

 金メダリストの妹が好発進である。

 バドミントンの世界選手権(スイス・バーゼル)は19日に開幕。各種目の男女1回戦を行い、女子シングルス世界ランキング15位の高橋沙也加(27)が、同23位のカースティ・ギルモア(25=スコットランド)を2―0(21―10、21―13)で下し、2回戦進出を決めた。

 2015年以来4年ぶりの世界の大舞台に立った高橋は第1ゲーム序盤から主導権を握り、6連続得点などで引き離す。続く第2ゲームは先行されながら、終盤に6連続ポイントで試合を決めた。

 リオ五輪女子ダブルス金メダルのタカマツペアの高橋礼華(29)の妹は15年10月に右膝靱帯を負傷。離脱を強いられ、リオの選考対象からも漏れた。東京五輪を目指す高橋は「故障する前とは気持ちや考え方も違う。今までなら点数を離されたら無理して攻めたが、今は3、4点離されても追いつける。プラス思考です」と自信を見せた。

 国内ランキングでは山口茜、奥原希望に次いで3位。東京五輪は姉との同時出場なるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る