タカ・マツ複Vも 現実味おびる11点5G制導入は日本に逆風か

公開日: 更新日:

 喜んでばかりもいられない。バドミントンのワールドツアー・ファイナル最終日は、女子ダブルス(複)決勝で高橋礼華、松友美佐紀組が韓国ペアを2―0で破り、4年ぶり2度目の優勝を遂げた。男子複の遠藤大由、渡辺勇大組は中国ぺアにストレート負け。男女シングルス(単)決勝は奥原希望桃田賢斗がそれぞれ涙をのんだ。

 バドミントンの日本勢は近年、優勝争いの常連となった。

 今大会は5種目中4種目で決勝に進み、金1、銀3を獲得。8月の世界選手権も男子単は桃田が優勝。男子複は銀に終わるも、女子複はメダルを独占した。

 バドミントンは韓国と中国が強く、特に今回金3、銀1の中国は五輪や世界選手権でも、常に複数の金メダルを獲得してきた。が、日本は2004年、1992年バルセロナ男子複金メダルの朴柱奉(パク・ジュボン)氏を韓国からヘッドコーチに招聘し、その指導でみるみる実力がアップ。12年ロンドン五輪で藤井瑞希&垣岩令佳組が日本バドミントン界初の銀メダルを取り、リオ五輪では「タカ・マツ」ペアが悲願の金メダルを獲得した。ある関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る