タカ・マツ複Vも 現実味おびる11点5G制導入は日本に逆風か

公開日:  更新日:

 喜んでばかりもいられない。バドミントンのワールドツアー・ファイナル最終日は、女子ダブルス(複)決勝で高橋礼華、松友美佐紀組が韓国ペアを2―0で破り、4年ぶり2度目の優勝を遂げた。男子複の遠藤大由、渡辺勇大組は中国ぺアにストレート負け。男女シングルス(単)決勝は奥原希望と桃田賢斗がそれぞれ涙をのんだ。

 バドミントンの日本勢は近年、優勝争いの常連となった。

 今大会は5種目中4種目で決勝に進み、金1、銀3を獲得。8月の世界選手権も男子単は桃田が優勝。男子複は銀に終わるも、女子複はメダルを独占した。

 バドミントンは韓国と中国が強く、特に今回金3、銀1の中国は五輪や世界選手権でも、常に複数の金メダルを獲得してきた。が、日本は2004年、1992年バルセロナ男子複金メダルの朴柱奉(パク・ジュボン)氏を韓国からヘッドコーチに招聘し、その指導でみるみる実力がアップ。12年ロンドン五輪で藤井瑞希&垣岩令佳組が日本バドミントン界初の銀メダルを取り、リオ五輪では「タカ・マツ」ペアが悲願の金メダルを獲得した。ある関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る