闇カジノの禊から2年 バド桃田にふてぶてしさが戻ってきた

公開日: 更新日:

 強さに加え、ふてぶてしさも戻ってきた。

 バドミントン男子シングルス世界ランキング1位で、2020年東京五輪の金メダル候補でもある桃田賢斗(24)が、かつての悪童ぶりを発揮しているのだ。

 26日のジャパン・オープン(武蔵野の森総合スポーツプラザ)準々決勝で難敵・ギンティン(インドネシア)をフルセットの末に下し、4強入りを果たした。

 桃田は今大会を通じて、コート上では派手なパフォーマンスが目立つ。ポイントを奪うと、相手を威圧するかのようなガッツポーズをしてみせたり、時には大声を発する。相手のレシーブミスを見逃さず、ジャンピングスマッシュを放ち、力ずくでねじ伏せるシーンもあった。

 日本代表では中堅の年代に差し掛かったこともあり、抜け目のなさも備わった。ミスショットが出ると、コートに倒れ込んだまましばらく動かずに時間を稼いでスタミナ温存を図るなど、老獪さも身に付けたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  9. 9

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る