闇カジノの禊から2年 バド桃田にふてぶてしさが戻ってきた

公開日: 更新日:

 強さに加え、ふてぶてしさも戻ってきた。

 バドミントン男子シングルス世界ランキング1位で、2020年東京五輪の金メダル候補でもある桃田賢斗(24)が、かつての悪童ぶりを発揮しているのだ。

 26日のジャパン・オープン(武蔵野の森総合スポーツプラザ)準々決勝で難敵・ギンティン(インドネシア)をフルセットの末に下し、4強入りを果たした。

 桃田は今大会を通じて、コート上では派手なパフォーマンスが目立つ。ポイントを奪うと、相手を威圧するかのようなガッツポーズをしてみせたり、時には大声を発する。相手のレシーブミスを見逃さず、ジャンピングスマッシュを放ち、力ずくでねじ伏せるシーンもあった。

 日本代表では中堅の年代に差し掛かったこともあり、抜け目のなさも備わった。ミスショットが出ると、コートに倒れ込んだまましばらく動かずに時間を稼いでスタミナ温存を図るなど、老獪さも身に付けたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る