渋野日向子や大谷翔平も…子どもの運動能力は親次第?

公開日: 更新日:

 42年前に全米女子プロを制した樋口久子さん(73)は、全英女子オープンを制した渋野日向子(20)について、「私たち世代と違う。新人類」と評した。世界が注目するメジャー大会の雰囲気にのまれることもなく、笑顔を絶やさずに正確なショットを連発する姿は、確かに並の選手ではない。競技は違うが、別次元の強さから、「宇宙人」と呼ばれた、ノルディック複合の荻原健司さん(49)を彷彿させるところがある。

 眠い目をこすりながらテレビにかじりついていたサラリーマンの中には、「自分の娘も、彼女のようになってほしい……」と淡い期待を寄せた人もいるのではないか。いったい、どのように育てたら、あれほど明るくて勝負強いキャラクターになるのか。その秘密を知りたい人は少なくないだろう。

 もっとも、学生時代から運動はチョボチョボだったというサラリーマンには残念な話だが、両親が平凡であれば、子どもにずばぬけた能力が伴う可能性は低いようだ。米メリーランド大学のスティーブン・ロス教授によると、「スポーツでの全般的な競争力」のうち、66%は遺伝要因だという。トレーニングや食事でなんとかなるのは3割ぐらい。子どもの運動能力の7割は、おぎゃーと生まれた時から決まっているわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  5. 5

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  8. 8

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る