破格年俸も結果ゼロ マリナーズ雄星“2年目マイナー”へ窮地

公開日: 更新日:

 菊池は昨オフ、「4年総額約60億円」で入団した。平均年俸は約15億円になる。来季は投手ではチームナンバーワンの高給取りになるものの、地元マスコミ関係者は「年俸15億円はエース格の位置付け。マリナーズは来季以降のエース格として期待しているだけに、結果が伴わなければローテ降格どころかマイナー落ちまである。大金をつぎ込んだ選手だろうと、それだけの価値がないと判断すれば、その分の枠をあけた方がチームにとってはプラスなのです」とみている。

 川上憲伸はかつてブレーブスと3年総額約26億円で契約するも、2年目に1勝10敗、防御率5・15と振るわないと8月にマイナー落ち。3年目はメジャーで投げられなかった。井川慶は5年約20億円でヤンキース入りしたが、1年目に14試合に登板しただけでマイナー降格。2年目以降は2試合に投げただけだった。

 最終登板を終えた菊池は、「休んでる暇はないし、すぐに体を動かしたいと思う。やることは山積み」と言ったが、その通りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る