雄星メジャー初完封も 2段モーションの欠陥浮き彫りの皮肉

公開日: 更新日:

 ルーキー左腕が、ようやく結果を残した。

 18日(日本時間19日)のブルージェイズ戦で、メジャー初完封をマークしたマリナーズ・菊池雄星(28)。若くて生きのいいパワーヒッターが連なる相手打線を96球で料理し、「マダックス」(100球以内の完封)を成し遂げた。

 菊池が試合後に「直球が課題だったが、きょうはコースも良かったし、カウントも取れた」と振り返った通り、これまでスタンドに運ばれてきた高めの直球で空振りを奪うなど、別人のような投球だった。「九回までいけて、やっとチームに貢献できた。ほっとしている」と安堵の表情を見せたが、皮肉なことに、改めて欠陥が浮き彫りになった。

 スカパー・Jスポーツで、この試合の解説を務めた評論家の三井浩二氏が「すべてクイックモーションで投げたことが効果的でした」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る