防御率5.37でもローテ入り…マ軍雄星はせっせと球速磨き

公開日: 更新日:

 これがヤンキースやレッドソックスなら、クビになっていても不思議ではない。投げるたびに打ち込まれているマリナーズ・菊池雄星(28)のことだ。

 日本時間22日、今季最後となった同地区の対エンゼルス戦は5回を投げて2本塁打を含む9安打を浴びて7失点。大谷にも左中間フェンス直撃の二塁打を打たれて7敗目(4勝)を喫した。

 ここ10試合は1勝6敗。6月24日のオリオールズ戦以来1カ月、勝ち星がない。それでも次回先発は27日のタイガース戦に決定。ローテーションから外れることはなさそうなのだ。スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「球種はストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップの4種類と限られています。しかもストレートは回転の素直なフォーシームで、ツーシームやカッターのように打者の手元で動く速球を投げるわけではない。107回と3分の1を投げて22本と被本塁打が多いのも、ムービングファストボールを投げないことが大きいと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る