マ軍雄星 被本塁打ワースト更新でGMの首を飛ばす可能性も

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(28)が7日(日本時間8日)のパドレス戦に5勝目(8敗)をかけて登板。初回、1番タティスにフルカウントから甘く入った変化球を左翼スタンドに叩き込まれる先頭打者本塁打を許した。

 前回のアストロズ戦では4本塁打を浴びて6失点。この日の試合の前まで23試合で、被本塁打28はアストロズ・バーランダー(29本)に次いでメジャーワースト2位だ。後半戦は4試合で9発を浴びているように、ここにきて被本塁打は激増。今後も中4日のローテ通りマウンドに上がれば、残り9試合。後半戦のペースで一発を浴び続ければ、最終的に48本塁打を許す計算になる。過去10年間ではメジャー最多となり、2004年にモイヤーが記録した44被本塁打を抜いてメジャーワースト記録を更新しかねない。

「菊池に一発が多いのは単調な投球に加え、空振りを取れる高めの直球の威力とキレがないためです。疲労もあって球威が低下し、変化球が効果的に使えず、相手打者に見極められたり、完璧に捉えられるケースが目立ちます。今後、上積み、修正は期待できず、シャットダウンしない限り、被本塁打数が積み重なるだけでなく、防御率(5・49)も悪化するはずです。球団としては今季は試運転と位置付けていましたが、来季に向けた光明が見えなければ、菊池を獲得したディポトGMの責任問題に発展するのではないか」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る