マ軍雄星 被本塁打ワースト更新でGMの首を飛ばす可能性も

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(28)が7日(日本時間8日)のパドレス戦に5勝目(8敗)をかけて登板。初回、1番タティスにフルカウントから甘く入った変化球を左翼スタンドに叩き込まれる先頭打者本塁打を許した。

 前回のアストロズ戦では4本塁打を浴びて6失点。この日の試合の前まで23試合で、被本塁打28はアストロズ・バーランダー(29本)に次いでメジャーワースト2位だ。後半戦は4試合で9発を浴びているように、ここにきて被本塁打は激増。今後も中4日のローテ通りマウンドに上がれば、残り9試合。後半戦のペースで一発を浴び続ければ、最終的に48本塁打を許す計算になる。過去10年間ではメジャー最多となり、2004年にモイヤーが記録した44被本塁打を抜いてメジャーワースト記録を更新しかねない。

「菊池に一発が多いのは単調な投球に加え、空振りを取れる高めの直球の威力とキレがないためです。疲労もあって球威が低下し、変化球が効果的に使えず、相手打者に見極められたり、完璧に捉えられるケースが目立ちます。今後、上積み、修正は期待できず、シャットダウンしない限り、被本塁打数が積み重なるだけでなく、防御率(5・49)も悪化するはずです。球団としては今季は試運転と位置付けていましたが、来季に向けた光明が見えなければ、菊池を獲得したディポトGMの責任問題に発展するのではないか」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る