マ軍雄星 被本塁打ワースト更新でGMの首を飛ばす可能性も

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(28)が7日(日本時間8日)のパドレス戦に5勝目(8敗)をかけて登板。初回、1番タティスにフルカウントから甘く入った変化球を左翼スタンドに叩き込まれる先頭打者本塁打を許した。

 前回のアストロズ戦では4本塁打を浴びて6失点。この日の試合の前まで23試合で、被本塁打28はアストロズ・バーランダー(29本)に次いでメジャーワースト2位だ。後半戦は4試合で9発を浴びているように、ここにきて被本塁打は激増。今後も中4日のローテ通りマウンドに上がれば、残り9試合。後半戦のペースで一発を浴び続ければ、最終的に48本塁打を許す計算になる。過去10年間ではメジャー最多となり、2004年にモイヤーが記録した44被本塁打を抜いてメジャーワースト記録を更新しかねない。

「菊池に一発が多いのは単調な投球に加え、空振りを取れる高めの直球の威力とキレがないためです。疲労もあって球威が低下し、変化球が効果的に使えず、相手打者に見極められたり、完璧に捉えられるケースが目立ちます。今後、上積み、修正は期待できず、シャットダウンしない限り、被本塁打数が積み重なるだけでなく、防御率(5・49)も悪化するはずです。球団としては今季は試運転と位置付けていましたが、来季に向けた光明が見えなければ、菊池を獲得したディポトGMの責任問題に発展するのではないか」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る