破格年俸も結果ゼロ マリナーズ雄星“2年目マイナー”へ窮地

公開日: 更新日:

 入ったチームがチームだからと、安閑としていられるのかどうか。

 去る25日(日本時間26日)のアストロズ戦で敗戦投手になり、6勝11敗、防御率5・46でメジャー1年目のシーズンを終えたマリナーズ・菊池雄星(28)のことだ。

 チームは今季、ア・リーグ西地区最下位。昨オフ、主力を大量に売り払って再建に舵を切っていて、ディポートGMも勝負は2020年以降と公言している。大きく負け越した菊池はそれでも、エースのマルコ・ゴンザレス(16勝13敗)に次ぐ先発2番手の位置付けだ。

 しかし、内容があまりにも悪過ぎる。今季の登板回数は161回と3分の2。1年目という点を考慮して設定された目標の180イニングに届かなかったばかりか、成績自体もヒドい。日本時間9月29日現在、防御率の5・46はMLB公式ホームページに名前が掲載されている62人中、下から2番目の61位。被本塁打36は、メジャーで3番目に多い数字。1イニングあたり何人の走者を出したかを示す指標のWHIPの1・52にいたっては、ワーストの62位なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  9. 9

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  10. 10

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

もっと見る