破格年俸も結果ゼロ マリナーズ雄星“2年目マイナー”へ窮地

公開日: 更新日:

 入ったチームがチームだからと、安閑としていられるのかどうか。

 去る25日(日本時間26日)のアストロズ戦で敗戦投手になり、6勝11敗、防御率5・46でメジャー1年目のシーズンを終えたマリナーズ・菊池雄星(28)のことだ。

 チームは今季、ア・リーグ西地区最下位。昨オフ、主力を大量に売り払って再建に舵を切っていて、ディポートGMも勝負は2020年以降と公言している。大きく負け越した菊池はそれでも、エースのマルコ・ゴンザレス(16勝13敗)に次ぐ先発2番手の位置付けだ。

 しかし、内容があまりにも悪過ぎる。今季の登板回数は161回と3分の2。1年目という点を考慮して設定された目標の180イニングに届かなかったばかりか、成績自体もヒドい。日本時間9月29日現在、防御率の5・46はMLB公式ホームページに名前が掲載されている62人中、下から2番目の61位。被本塁打36は、メジャーで3番目に多い数字。1イニングあたり何人の走者を出したかを示す指標のWHIPの1・52にいたっては、ワーストの62位なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る