いとうやまね
著者のコラム一覧
いとうやまねコラムニスト

サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなどのコラムニスト。取材・構成・ライティングを担当した土肥美智子著「サッカー日本代表帯同ドクター 女性スポーツドクターのパイオニアとしての軌跡」が好評発売中。

イングランド代表の逞しき胸に咲く「赤い薔薇」の由来とは

公開日: 更新日:

 英国の国花は薔薇。正確には「テューダーローズ」という。外側が赤い花弁で中心部が白い花弁という不思議な薔薇である。最近は品種改良で似たようなものもあるが、あくまでも架空の花だ。

 非公式だが「赤薔薇」が国花として使われることもある。イングランド代表は、この赤い方を採用している。筋骨隆々とした体に咲く一輪の赤い薔薇は、なかなかもってセクシーである。

 世界史で習った「薔薇戦争」を覚えているだろうか? 15世紀にイングランドで起きた王位継承をめぐる2つの名門一族の戦いだ。戦争名は、後の世に名付けられたものだが、その両家の紋章が由来になっている。

 赤い薔薇の紋が当時のイングランド王家「ランカスター家」、白い薔薇の紋が「ヨーク家」という貴族である。両者の戦いは30年間にわたり、最終的にはランカスター家の血筋を引く「テューダー家」が、ヨーク家を倒して幕を閉じる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る