世界ではもう常識 日本ラグビー躍進の陰には外国出身選手

公開日: 更新日:

 ラグビー日本代表がここまで強くなったのは、外国出身選手のおかげである。彼らのほとんどがニュージーランド、トンガ、南アフリカといった南半球のラグビー強豪国の出身だ。だから「日本代表」と言われても違和感があるという向きも少なくない。

 しかし、世界を見渡せば外国出身選手の力を借りて国際大会でメダルを狙う国はヤマほどある。

 例えば、16年のリオ五輪の卓球選手は172人(男女各86人)いたが、38人(中国代表を除く)が中国生まれだった。日本の女子が準決勝で負けたドイツは2人、3位決定戦で戦ったシンガポールは3人とも中国出身。米国代表は男女6人のうち5人がそうだった。卓球のレベルが低い国が中国では代表になれない二流選手を帰化させて国際大会に出場させるのが当たり前になっている。

 中東のバーレーンやカタールといった国々も、アフリカの陸上選手を多額のカネで引っ張り帰化させている。韓国も昨年の平昌冬季五輪で、アイスホッケーやバイアスロンなど、欧米選手15人を特別帰化させて代表にしたことが話題になった。日本も積極的に「外国人補強」をするべきではないか。

【写真特集】日本大金星!強豪アイルランドを撃破

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る