優勝候補のイングランドを本気にさせた日本の“大番狂わせ”

公開日: 更新日:

 元世界ランキング1位のアイルランドを下した日本の“歴史的快挙”に強豪国も少なからぬ衝撃を受けたようだ。

 前日本代表ヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズ氏が率いるラグビー発祥国のイングランド(世界ランキング3位)もその一つだ。

 30日、アルゼンチン戦(5日=東京スタジアム)に向けてコーチ、選手4人が都内の宿舎で会見。

 母国英メディアから、6カ国対抗戦のライバルであるアイルランドが日本に金星を献上したことに「日本は適切なプレーをしていた。バックスの決断力が良く、ダイレクトにプレーしたのが良かった」などと口を揃えた。

 ニール・ハトリー・スクラムコーチは「日本がアイルランドに勝利したから言うわけではないが、W杯では相手がどこでもタフなゲームになることは予想していた」としながら、「どんなチームでもなめてはいけないということが改めて分かった」と、危機感を口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る