ソフトBの窮地救う決勝弾 福田秀平はFA市場の価値が急上昇

公開日: 更新日:

 崖っぷちを救った。

 6日のCSファーストS第2戦、ソフトバンクの福田秀平(30=写真)が決勝弾となるソロ本塁打。負けたら終わりの窮地で救世主となった。

「手応えは今年一番の当たりでした。泣くのは嫌なので、(CSが)終わって笑えるように明日も頑張りたい」

 シーズン中は代打や代走、守備固めとしての起用が多く、今季の出場は80試合。それだけに起用した工藤監督でさえ、「ずっと試合に出ているわけではないのに、よく打ってくれた」と手放しで喜んだ。

 福田はお立ち台で「ベンチ、じゃなくてグラウンドを一周しているとき……ベンチが慣れているのですいません(笑い)」と伏兵らしい自虐ネタも披露してみせたが、内心はベンチを温める日々に納得していない。

 そんな中で今季国内FA権を取得。その去就に注目が集まる選手のひとりになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る