テコンドー協会の“黒い歴史” 過去には街宣車の嫌がらせも

公開日: 更新日:

 8日に開かれた全日本テコンドー協会の理事会はまたも、荒れに荒れた。大幅に延長された会議は6時間以上。総辞職を求めて出席していた高橋美穂アスリート委員長が倒れ、救急車で搬送されるハプニングも起きた。

 今年9月の強化合宿ボイコット騒動に端を発した内紛だが、テコンドーのお家騒動は今回が初めてではない。2004年、内紛によって「全日本テコンドー協会」と「日本テコンドー連合」に分裂。岡本依子(現全日本協会副会長)はアテネ五輪に個人資格での参加を強いられた。

 12年に税制優遇を受けられる公益社団法人に移行したものの、1年後には国庫補助金から支給されたコーチ報酬の還流が発覚。さらにその1年後には補助金の一部が金原昇会長に渡る不正会計が分かり、内閣府から勧告を受けた。同一団体が2度勧告を受けるのは初のことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る