「マジメで実直」だが…広島・佐々岡新監督の隠れた一面

公開日: 更新日:

「全身全霊を込めて、務めさせていただきます。(広島は)他球団と比べても優勝できる戦力だと思う。(今季は)シーズン終盤にリリーフの弱さが出た。もっとレベルアップしないといけない」

 7日、広島の佐々岡真司新監督(52)が就任会見を行った。

 島根県出身で、1989年ドラフト1位でNTT中国から入団。07年に引退するまでカープ一筋18年、通算138勝153敗106セーブと活躍した。

 松田オーナーはじめ、誰からも「人柄がいい」「優しい」と評判。スポーツ紙記者時代から約50年、広島を取材してきた駒沢悟氏が言う。

「マジメで実直を絵に描いたような性格です。彼の生まれ育った島根県那賀郡金城町(現浜田市)は、温泉が名物の山あいの町。そこで母ひとり、子ひとりの家庭で育った。高校卒業後は進学せずに就職。苦労をしていることもあって、非常に面倒見がいい。それでいて、表立ってひけらかすことはなかった。親分肌の面もあり、よく沢崎(現二軍投手コーチ)や江藤(前巨人三軍監督)らを食事に連れて行っていた。冬は町田(現三菱重工広島監督)や高橋建(現阪神二軍投手コーチ)らに声をかけ、故郷の温泉に漬かっていましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る