「マジメで実直」だが…広島・佐々岡新監督の隠れた一面

公開日: 更新日:

「全身全霊を込めて、務めさせていただきます。(広島は)他球団と比べても優勝できる戦力だと思う。(今季は)シーズン終盤にリリーフの弱さが出た。もっとレベルアップしないといけない」

 7日、広島の佐々岡真司新監督(52)が就任会見を行った。

 島根県出身で、1989年ドラフト1位でNTT中国から入団。07年に引退するまでカープ一筋18年、通算138勝153敗106セーブと活躍した。

 松田オーナーはじめ、誰からも「人柄がいい」「優しい」と評判。スポーツ紙記者時代から約50年、広島を取材してきた駒沢悟氏が言う。

「マジメで実直を絵に描いたような性格です。彼の生まれ育った島根県那賀郡金城町(現浜田市)は、温泉が名物の山あいの町。そこで母ひとり、子ひとりの家庭で育った。高校卒業後は進学せずに就職。苦労をしていることもあって、非常に面倒見がいい。それでいて、表立ってひけらかすことはなかった。親分肌の面もあり、よく沢崎(現二軍投手コーチ)や江藤(前巨人三軍監督)らを食事に連れて行っていた。冬は町田(現三菱重工広島監督)や高橋建(現阪神二軍投手コーチ)らに声をかけ、故郷の温泉に漬かっていましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る