永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

スコットランドと大一番 日本決勝T進出へ“3つのポイント”

公開日: 更新日:

まだ残る3位転落の可能性

 日本がサモアから4トライを奪い、ボーナスポイントつきの勝利を挙げて3連勝。勝ち点を14に伸ばして、A組の首位に立った。

 長期合宿で鍛え上げられた選手たちは、サモアに堂々と力勝負を挑んで勝ち、目標に掲げた「ベスト8」を大きく手繰り寄せた。後半32分にサモアにトライを奪われ、26―19とワンチャンスで同点に追いつかれるピンチを迎えたときも、選手たちは、さほど動揺しなかった。途中出場のヘル・ウヴェが、サモアが確保したキックオフのボールに挑みかかって腕力でもぎ取るや、そのまま攻撃を継続。ノーホイッスルで福岡堅樹のトライに結びつけたのだ。

 試合を通じて3つ目となったこのトライで、ボーナスポイント獲得のチャンスが膨らみ、それが最後の松島幸太朗のトライに結びついた。

 世界ランキング2位のアイルランドを破ったことがフロックではないことを、自ら証明するような勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る