寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

公開日: 更新日:

「長くスカウトをやっているけど、初めて見た時に鳥肌が立った選手は初めてだと話をさせてもらった」

 巨人は7日、大船渡の163キロ右腕・佐々木朗希(3年)の面談を同校で行った。

 球団の育成方針などを説明した長谷川スカウト部長は冒頭のコメントに続けて「目線をそらさず、時間を充実したものにしようという気持ちを感じた」と語った。

 4日のスカウト会議終了後、同部長は「ドラフト1位候補は8人。佐々木君、(星稜)奥川君、(明大)森下君はA評価の中でも上」と説明していた。

 さるチーム関係者がこう言う。

「部長をはじめとしたスカウト部は、佐々木の潜在能力に惚れ込み、密着マークを続けてきた。近い将来、ローテーションの一角どころか、球界を代表する投手になる。能力は一番との評価をしている。育成期間が必要だけど、スカウトの大半は佐々木1位で一致しているのに、会議は紛糾したようです。星稜が甲子園で準優勝したことで、『甲子園のスター』にこだわる球団の上層部がエースの奥川を強く推し、さらに“全権”原監督が『即戦力』を求めているからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る