「雄星より上」メキシコ抑えた侍Jの今永にメジャー熱視線

公開日: 更新日:

 来季がプロ5年目なので海外FA権取得は当分先だが、入札制度でその前の移籍もある。そこでメジャースカウトがマークを続けているのが今永昇太(26)だ。

 先発した13日のメキシコ戦は6回を投げて8奪三振1失点。切れのあるストレートにスライダー、緩いカーブにチェンジアップを織り交ぜ、ここまで全勝のメキシコ打線を翻弄。勝利に貢献した。

 ア・リーグのスカウトは「四回には先頭のジョーンズに真ん中に入ったカットボールを左翼スタンドに運ばれたが、彼のチェンジアップはメジャーの打者に対しても大きな武器。低めの制球力を磨けばマリナーズの菊池より高い評価を得られる」とキッパリ。

 ちなみに菊池は最大で7年総額1億900万ドル(当時の為替レートで約119億9000万円)の契約だった。順調にいけば今永はそれ以上の値がつくことになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  8. 8

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る